STATION TO STATION

work, life and myself

プロフィール

TD

Author:TD
国際協力の仕事をしています。

2009年にアムステルダムのRoyal Tropical Instituteで修士号を取り、その後開発コンサルティング会社や政府系援助機関で働いています。

南米パラグアイから戻り、2017年5月からタイ(バンコク)に行くことが決まっています。

ブログのタイトルであるStation to Stationは、David Bowieの76年のアルバム名を引用しています。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2017年04月 | 05月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


カウンター

FOTOS

www.flickr.com

ClustrMaps

ブログ内検索

パラグアイで痛感したことを踏まえて

パラグアイでの業務で痛感したのは、国際協力のしごとを行う上で、専門性と同じくらい重要なのは、組織論、経営論、リーダー論といったどちらかというとビジネスに関係するテーマではなかろうかということです。

結局、外部者として入っていく時に、こういったスキル・経験は必要不可欠であると感じました。1年間を通じて、感じました。

もっともっと勉強が必要だわなあということで、数十冊の本を購入しました。
以下のとおりです。

MBA経営戦略
MBA経営戦略
posted with amazlet at 17.02.26

ダイヤモンド社
売り上げランキング: 9,735



改訂3版 グロービスMBAマーケティング
グロービス経営大学院
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 3,741



ルネッサンス ― 再生への挑戦
カルロス・ゴーン
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 4,969



巨象も踊る
巨象も踊る
posted with amazlet at 17.02.26
ルイス・V・ガースナー
日本経済新聞社
売り上げランキング: 6,051



戦略的思考とは何か (中公新書 (700))
岡崎 久彦
中央公論新社
売り上げランキング: 13,827



企業参謀 (講談社文庫)
大前 研一
講談社
売り上げランキング: 1,185



ハーバード流ボス養成講座―優れたリーダーの3要素
リンダ・A・ヒル ケント・ラインバック
日本経済新聞出版社
売り上げランキング: 31,998



知識創造企業
知識創造企業
posted with amazlet at 17.02.26
野中 郁次郎 竹内 弘高
東洋経済新報社
売り上げランキング: 14,390



小倉昌男 経営学
小倉昌男 経営学
posted with amazlet at 17.02.26
小倉 昌男
日経BP社
売り上げランキング: 831


どれもかなり骨のある(ページ数も内容も)書物なので、一回読んだら終わりということではなく、なんどもなんども繰り返し読んでいこうと思っています。

以前、ユニクロの柳井さんが、「脳が汗を書くような読書が重要である」というようなことを言っていましたが、身につけるには、それくらいの覚悟が必要なんだろうなと思います。

勉強します。
スポンサーサイト

comments(0)|trackback(0)|書・映画・音楽|2017-02-26_06:27|page top

BOWIEが亡くなって1年

明日、いよいよパラグアイを出発します。
仕事は、報告を含めすべて完了していますので、気分は軽いです。

DAVID BOWIEが亡くなって1年が経過しました。この1年はいろいろありましたが、BOWIEの死は自分の中では大きなものでした。ネットでいろいろ記事を漁っていると、いろいろおもしろいものが。
ローリングストーン誌のものは、秀逸なものが多いと感じます。

アルバム:LOWについて。LOWは、おそらくBOWIEのアルバムの中で最高傑作と言われています。ワルシャワの幻想という曲がありますが、僕はこの曲を聴いてワルシャワに行きたくなりました。いまだ、行けていませんが。。

http://www.rollingstone.com/music/features/how-david-bowie-brian-eno-revolutionized-rock-on-low-w459264


アルバム:STATION TO STATIONについて。個人的には、このアルバムが一番好きです。Station to Stationの構成力がすごいと思います。サビがどんどん畳み掛けてきます。
http://www.rollingstone.com/music/news/inside-david-bowies-station-to-station-w462438

ミックジャガーによるBOWIEへの思い出。とても良いエピソードだと思いました。
http://rollingstonejapan.com/articles/detail/25340

”デヴィッドはいつも俺の服のラベルを見るんだ。会うと、ハグしながらシャツの襟をめくってどこの服を着ているかチェックしていたよ。ときどき俺を真似ることがあったけど、とても正直な奴だった。デヴィッドが誰かの仕草を真似したら、「これは君の仕草だよ。ちょっと真似させてもらった」と言うだろうね。このことについて全く嫌な気はしなかったね。それ以上にいろいろなものを分け与えてくれたから。それが友情ってものだと思うよ。” 引用終わり

あれだけ、若々しかった人が70歳になる前に亡くなってしまうというのは、ショックでした。でも、彼が亡くなっても、彼が遺した音楽はずっと残ります。これからも聴き続けていきます。






comments(0)|trackback(0)|書・映画・音楽|2017-01-28_06:43|page top

Tokio Blues: Norwegian Wood

現在住んでいるCoronel Oviedoには、しっかりとした本屋はありませんが、首都に行くとそれなりにいろいろな本が売っている本屋さんがあります。

Mariscal Lopezのショッピング・モールの本屋で、たまたま以下の本を見つけました。
アマゾンでは1200円くらいで購入できるようですが、こちらでは2000円くらいでした。

Tokio Blues: Norwegian Wood
Tokio Blues: Norwegian Wood
posted with amazlet at 16.04.25
Haruki Murakami
Planeta Pub Corp
売り上げランキング: 25,669


日本語で何度も読んでいるし、英語でも1度くらい読んでいるような気がしますので、筋はわかっています。
なので、難しい単語が出てきても想像しながら読めそうです。

以前、こちらの本で挫折を経験しているので、今回は何としても読了したいと思います。

De que hablo cuando hablo de correr / What I Talk About When I Talk About Running
Haruki Murakami
Tusquets Editor
売り上げランキング: 174,094




comments(0)|trackback(0)|書・映画・音楽|2016-04-26_06:21|page top

書評「自分から勉強する子になる方法」

自分から勉強する子になる方法

業務の関係で、Coronel Oviedoから首都Asuncionに行くことがたまにあります。

130キロしか離れていないのですが、Asuncionに入るところで(入ったあとも)かならず交通渋滞に巻き込まれるので、いつも3時間くらいかかります。

道中は寝ているか本を読んでいます。

最近、上記の本を読みました。本は紙ではなくAmazon Kindelになります。

いわゆる「教育本」です。

著者は、現役の小学校教諭のようです。

印象に残った記述をいくつか書いてみます。

1.子どもの勉強は親が見る。これが大前提。
2.勉強は筋トレと同じ。反復あるのみ。
3.親が楽しんで一緒に勉強する。これ以上に、子どもの学力向上に効果的なことはない。
4.声掛けが大事。「勉強しなさい」ではなく、「1分だけやろう」
5.予習としておすすめは、どんな教科でも音読すること。

子どもの教育に正解はないと思っています。おそらく、
個々の性格や環境でやり方は変わってくるのではないかと。
一方で、ここは抑えたほうが良いということは、必ずあると思います。それが上に挙げた点かなと思います。

特に重要なのは、反復と音読だと思いました。これって、語学を学ぶ時の大前提にもなるように思います。
comments(0)|trackback(0)|書・映画・音楽|2016-04-15_07:49|page top

Manaのコンサートへ

Manaのコンサートに行ってきました。

日本、海外を含めて現在活動中にアーティストの中で、自分が最も行きたいと思っていたバンドのコンサートです。

Manaを最初に知ったのは、2000年で当時アメリカにいたのですが、その時にメキシコ人の友人にCDを貰い、それ以来熱心なファンです。でも、熱心なファンな割には今回のコンサートを知ったのは3日前だったし、去年アルバムを出したことを知らなかったので、あまり熱心ではないかもしれませんが。

Manaを聴くまでは、ラテン音楽なんてほとんど聴いたことがなく、当時は爆発的に売れていたレッチリのScar Tissueやレニー・クヴィッツのベストやらを聴いていたと記憶していますが、そんな時に上述の友人からManaのUnpluggedのCDを聴いて衝撃を受けました。
それは今まで聴いてきたどんな英米のロックバンドとも違っていました。うまく説明ができませんが、とにかくラテン的だと。リズムやメロディが明らかに違うと。
そんなこんなで、以来ずっと聴いていました。

今回のコンサートは、オリンピアスタジアムという歴史のあるサッカー場です。
オリンピアという強豪チームの本拠地になります。
場所は、どちらかというとセントロ(旧市街)寄りで、アスンシオンの中心通りとなるマリスカル・ロペス通り沿いにあるので、アクセスは比較的良いです。

Manaはメキシコのロックバンドです。
中南米では最も大きなバンド(集客力、CDの売り上げともにトップ)で、アメリカでも中南米系移民を中心に人気を誇っています。
バンドとしての位置づけ的には、ラテンアメリカのU2と呼ばれているようですが、日本でいうところのサザンオールスターズなんじゃないかと思っています。いわゆる国民的バンドです(老若男女だれもが知っていて、口ずさめる曲をたくさん持っている)。

21時開演の予定でしたが、お約束通り1時間の遅れで22時過ぎに開演。終わった時には0時を回っていました。

昨年リリースされたアルバムからの曲は4曲くらい演奏され、その他はほとんどが今までのヒット曲が中心で、さすがにManaだなあと思いました。
80年代後半から活動しているので、30年のキャリアを誇り、たくさんのヒット曲を持っています。

途中で、スタジアムの真ん中の特設ステージに移動して、必殺のMariposa TraicioneraやBendita La LuzやVivir Sin Aireが演奏されました。ここら辺の曲は、音楽をあまり聴かない人でもラテン人だったら誰でも知っているのではないでしょうか。



2時間のコンサートの最後を締めたのは、勿論というかやっぱこれだよなと思わずにはいられないRayando El Solでした。みんなで歌えるソングで、スタジアムバンドのManaのコンサートでは欠かせない歌です。



この曲は、99年にリリースされたアンプラグドにも収録されているのですが、おそらくManaのメンバーにとっても相当思い入れのある曲なんじゃないかと思います。本人たちだけではなくてファンにとっても。

あっという間の2時間でしたが、わざわざ首都まで駆け付けた甲斐がありました。

Manaのコンサートは、またどこかで絶対に行きたいなと思いました。(今度は家族で)

comments(0)|trackback(0)|書・映画・音楽|2016-02-24_09:08|page top

やっぱりBOWIEのことをいろいろ考える

世界中のいろんなところから哀悼の言葉が出てきています。

でもやっぱり多いのはアーティストですね。ミック、ポール、イギーポップ、ジーンシモンズ、ブライアンイーノ、エルトンジョン、マドンナ、錚々たる面々です。

BOWIEの最もすごいところというのは、失敗やチャレンジを恐れないということでしょうか。

ふつう、曲がヒットすると次も同じ路線で行こうと思うのがふつうだし、ファンもそれを期待しています。ファンが望まない曲を作ってファンが離れてしまうことを恐れると思います。

でも、BOWIEは変化を恐れません。
グラムロックから始まり、ファンクもやったし、テクノもやった。ニューウェーブもやったし、遺作となった最新作では若いジャズミュージシャンと一緒に作ったと言われています。

そんなBOWIEの代名詞的な一曲






comments(0)|trackback(0)|書・映画・音楽|2016-01-12_20:28|page top

DAVID BOWIEが亡くなる

あまりに突然でショックが大きすぎます。

DAVID BOWIEが癌で亡くなりました。
1月8日に69歳の誕生日を迎えたばかりで、しかもつい最近アルバムを出したばかりだったので、いったいどういことかと。

18か月間、闘病生活を送っていたらしいです。最後にメディアに姿を現したのはNYの映画祭かなにかだったようです。

BOWIEの音楽を聴き始めてかれこれ25年くらい経ちます。もっとも好きなアーティストでした。

ミックもポールもまだ元気なのに。。。きっとルーリードが天国で待っていますね。

思い出に残る曲をいくつか。

最も評価の高いアルバムと言われるLOWから


歴史的名作と言われるZIGGY STARDUSTの前年にリリースされたHUNKY DORYから


最も好きなアルバムSTATION TO STATIONから


同じくSTATION TO STATIONから


QUEENとの共作


これからも聴き続ける曲です。

最後の曲以外4曲とも自分が生まれる以前の作品です。

ご冥福をお祈りいたします。


comments(0)|trackback(0)|書・映画・音楽|2016-01-11_20:45|page top