STATION TO STATION

work, life and myself

プロフィール

TD

Author:TD
国際協力の仕事をしています。

2009年にアムステルダムのRoyal Tropical Instituteで修士号を取り、その後開発コンサルティング会社や政府系援助機関で働いています。

現在、タイで働いています。

ブログのタイトルであるStation to Stationは、David Bowieの76年のアルバム名を引用しています。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


シンプルアーカイブ

カウンター

カテゴリー別記事(INVESTIMENT)

全記事表示リンク

アルバム

ClustrMaps

AMAZON

ブログ内検索

David Bowie is に行けなかったから、この本を読んでみる。

David Bowie is というデビッド・ボウイ大展覧会が、今年の1月から4月9日まで天王洲で行われていました。
この展覧会、まるで世界ツアーのように、世界各国で行われており、やっと日本に上陸しました。
我々(というのは、僕と妻子)がパラグアイから帰国したタイミングで始まったので、機会があれば見に行きたいと思っていましたが、なんやかんやしている間に終わってしまい。。。

そんなわけで、最近、新書で出版された以下の本を読んでみました。
デビッド・ボウイが新書になるなんて思いもしなかったです。
しかも、新書の中でも結構手堅いと思われる筑摩書房から。

デヴィッド・ボウイ: 変幻するカルト・スター (ちくま新書1234)
野中 モモ
筑摩書房
売り上げランキング: 112,272


作者のモモさんは、ボウイと同年代の人かと思っていましたが、そうではなく70年代生まれの人でわりと若いです。リアルタイムでボウイを聴いたのは、おそらくLet's Danceからじゃないかと思います。

読んだ感想ですが、とても興味深かったです。ファンなら知っていて当たり前かもしれないけれど、自分にとっては知らなかったことがたくさん書かれており、サクサク読めました。

アルバム毎の章立てとなっており、デビューから亡くなる少し前にリリースされたラストアルバムまで網羅されています。

興味深かったのは、デビュー前夜から1983年に世界中を席巻したモンスターアルバムのLets Danceまでです。その中でも特によかったのが、グラムロック時代(ハンキ―・ドリー、ジギースターダスト、アラジンセイン)の前期傑作3枚と76-79年のStation to Stationとベルリン三部作に関する箇所です。

知らなかった点を挙げてみると、

ボウイ という 姓 は、 アメリカ の 西部 開拓 時代 の「 アラモ の 戦い」 で デビー・クロケット と 共闘 し た こと で 知ら れる ジム・ボウイ および 彼 が 愛用 し て い た タイプ の ナイフ、 その 名 も ボウイナイフ に ちなん だ もの だ。 デヴィッド は ジョン・ウェイン の 映画『 アラモ』( 一 九 六 〇) など を通して これら の「 開拓 の 英雄」 の 物語 に 親しん で い た の だろ う。

ボウイの名の由来が、西部開拓時代のものだったとは。意外でした。。。

ついに アメリカ でも ヒット を 飛ばし、 過去 最大 の 規模 の 大 成功 を 手 に し た よう に 見える 一 九 七 五 年 の デヴィッド・ボウイ だ が、 その 一方 で 私生活 は 荒れ きっ て い た。 まず 第一 に、 当時 の 写真 や 映像 に 残っ て いる 異様 に 瘦 せ 細っ た 姿 からも あきらか な よう に、 薬物依存 が どんどん 悪化 し て 健康 状態 が 非常 に 危うく なっ て い た。 最悪 の 時期 には 身長 五 フィート 一 〇 インチ( およそ 一 七 八 センチ) で、 体重 が わずか 九五 ポンド( およそ 四三 キロ) にまで 落ち て い た と いう。

ボウイが178㎝もあったなんて知りませんでした。せいぜい、170㎝前半くらいかなと。

次に、76年のアルバム。Station to Stationに関しての記述。

『地球 に 落ち て き た 男』 からの スチル 写真 が ジャケット に なっ た この アルバム が 作ら れ た のは、 デヴィッド が コカイン 中毒 の 淵 に 深く 沈ん で い た 時期 だっ た。 驚く べき こと に 本人 は、 これ が どんな ふう に 制作 さ れ た か「 何 も 覚え て い ない」 と 語っ て いる。 にも かかわら ず、 もしくは それ ゆえ に、 本 作 は デヴィッド・ボウイ の デヴィッド・ボウイ 性 が 結晶 し た かの よう な キャリア 屈指 の 強力 な 傑作 と なっ た。

『ヤング・アメリカン』 で 挑戦 し た ソウル や ファンク を 消化 し、 さらに 実験的 な 音響 処理 や 電子音楽 の 要素 も 取り込ん だ この アルバム は、 デヴィッド・ボウイ の アメリカ から ヨーロッパ への 過渡期 に 輝く 記念碑 だ。


一般的にはボウイの最高傑作はジギースターダスト(72年)もしくはLOW(77年)と言われています。でも、ジギースターダストほど取っつきやすくはないが、LOWほど難しくもない、ちょうどよい匙加減のStation to Stationが一番好きです。

Low制作時に関して、

「ベルリン は 僕 に 人 との つながり を 取り戻さ せ た ん だ。 おかげ で 僕 は ストリート に 戻る こと が でき た。 ストリート と いっ ても すべて が 冷たく て ドラッグ が ある ところ じゃ ない よ。 若く て 知的 な 人 たち が なんとか やっ て いこ う と し て い て、 自分 が 週給 いくら 貰う か 以上 の こと に 興味 を 持っ てる。 ベルリン っ子 は ストリート で アート が 何 を 意味 する かに 興味 が ある ん だ。 ギャラリー の 中 だけ じゃ なく てね」

あれほどスターになりたがったのに、スターになったことでいろいろと自分を擦切らしてしまった(喪失してしまった)ボウイが、ドイツで再生する過程。村上春樹のノルウェイの森のような話です(喪失と再生の物語)。

そして、Let's Danceのところでは、盟友ナイル・ロジャースのことが書かれているのですが、これが面白い。ナイルロジャースって、最近ではダフトパンクやファレル・ウィリアムスとコラボしていますが、83年にはボウイと組んでLet's Danceを完成させています。結構、茶目っ気のある人なんですね。

彼 が シック を 結成 する きっかけ と なっ た のは、 バック バンド の 仕事 で 赴い た ロンドン で ガールフレンド に 連れ られ て 観 に 行っ た ロキシー・ミュージック の ライブ だっ た。 ロキシー が「 音楽、 見た目、 それ に 観客 も すべて 波長 が 合っ て 完全 な 没入 体験 を 生み出し て いる」 様子 に いたく 感激 し た 彼 は、 その 晩 の うち に ニューヨーク に いる 音楽 仲間 の バーナード・エドワーズ に 国際電話国際電話 を かけ て「 俺 たち の 新 バンド の コンセプト を 思いつい た。 音楽 における 完全 没入 型 芸術的 体験 だ!」 と 告げ た。

82年頃 には あまりに も 流行り すぎ た ディスコ への 反発 が 激しく なり、 八 二 年 には 彼曰く「 世界 で いちばん クール な 男 だっ た のが 電話 を 折り返し て すら もらえ なく なっ て い た」。 つまり、 よく「 ボウイ は 売れ 線 を 狙っ て ロジャース を 起用 し た」 と 言わ れ て いる のは 確か に その 通り なの だ が、 彼 に 決め た 時点 では、 その 選択 は ボウイ にとって も 賭け に 違い なかっ た の だ。


僕は今まで、ボウイは売れるアルバムを作るために、プロデューサーにナイル・ロジャースを起用したと思っていたのですが、制作時の82年には、すでに彼は落ち目で世界で一番ダサい男に成り下がっていたんですね。でも、結局このアルバムを作ったおかげで、それまでダサい男に成り下がっていたロジャースは、復活して現在までもミュージシャンとして活動していることを考えると、彼にとってボウイは命の恩人です。

このあたりまでは、楽しく読めましたが、その後はバンド「ティン・マシーン」やそれ以降のソロの話でちょっと退屈してしまいました。でも、総じて面白い本です。今度は、時間が出来たら、ボウイの英語の自伝みたいなものを読んでみたいと思いました。



スポンサーサイト

comments(0)|trackback(0)|その他|2017-04-24_20:55|page top

レア―ドとメンドーサはメキシコ代表(WBC)

日ハムが誇る投打の助っ人が、メキシコ代表に名を連ねています。
イケメンドーサ(現在は、子どもが生まれたのでイクメンドーサ)がメキシカンというのは知っていましたので、メキシコ代表に入る可能性があると思っていましたが、レアードにもその可能性があったとは。親のどちらかがメキシカンのようです。でも、レアードの顔つきを見ている限り、典型的な白人(アングロサクソン)だとおもっていましたが、違ったようです。 最近、この書籍を購入して必死になって読んでいますが、たとえ打てなくても、三塁の守備とその明るい性格だけでスタメンに入れる価値があると栗山さんは語っていますが、その明るさの源は、メキシカンの血なのかもしれません。

 
「最高のチーム」の作り方
栗山 英樹
ベストセラーズ
売り上げランキング: 5,736

ところで、メンドーサはツイッターを持っており、その彼にスペイン語で「WBC頑張れ」とツイートしたところ、有難うと返信がありました。なかなかまめな性格のようです。 ちなみに彼の奥さんは英語ができないので、北海道の番組などでインタビューを受ける際には日本語―英語の通訳者がメンドーサに英語で質問し、それをメンドーサがスペイン語にして奥さんに伝えるというのを聞いたことがあります。

comments(0)|trackback(0)|その他|2017-03-04_21:07|page top

スリランカ人が・・・

現在、千葉の田舎に住んでいますが、家の向かえにスリランカ人が住んでいます。
ほとんど、素性がわからないのですが、家族で住んでおり、父ちゃんは自動車関係(輸出業?)をやっているそうです。

小さな子どもが二人いるのですが、ほとんど家から出てきません。ほとんどというより全く出てきません。今日、初めて窓から顔を出す子どもを二人見ました。うちの子どもと同じくらいでしょうか。

今日は、別のスリランカ人に公園で会いました。小さな子ども抱いた女性がいたので、英語でどこから来たの?と声を掛けてみると、スリランカとのこと。家族で住んでおり、やっぱり旦那は自動車関係の仕事をしているようでして。この女性は2年間日本に住んでいるようですが、日本語はほとんどできないようです。でも、旦那は10年ほど日本に住んでおり、日本語が話せるとのこと。

このあたりにはスリランカ人が、それほど多くないけれど、自動車関係の仕事をしている人が何人かいるとのことでした。

スリランカには、英国からのトランジットで10年前に行ったことがありますが、どんな国だったかあまり印象に残っていません。インド人とどう違うんだろうという程度の印象です(宗教や言葉は違うんだろうけど)。あとはセイロン茶くらいか。

でも、近くにスリランカ人が住んでいるので、せっかくだからいろいろとスリランカに対して興味を持ってみようと思います。今日わかったのは、ある程度は英語が話せるということです。

今度、近所のスリランカ人にも話しかけてみようと思います。
見た感じ、濃い顔をしているものの、悪さをするような感じには見えません。


comments(0)|trackback(0)|その他|2017-03-03_20:57|page top

健康診断の結果

ここ数年は健康診断を受けるとかならず、中性脂肪の数値が良くないと結果が出ていました。
運動不足なのか、炭水化物(糖質)のとりすぎなのか、そこのところはよく分かりません。
もしかしたら、遺伝かもしれないし。

パラグアイから戻り、健康診断を受けました。
その結果、中性脂肪68mg/dlとなっており、基準値内(30-149mg/dl)に収まっていました。

まずは、この数値を維持できるように取り組んでいこうと思います。



comments(0)|trackback(0)|その他|2017-02-27_15:23|page top

北海道からもどりました

北海道から戻ってきました。
2月8日から22日までの14日間。その半分は雪遊びをやっていました。
備忘録を兼ねて、どんな日程だったかというと。

2月8日(水):北海道に到着
2月9日(木):三井アウトレット@北広島
2月10日(金):雪まつり@つどーむ
2月11日(土):親戚集合
2月12日(日):円山動物園
2月13日(月):雪遊び
2月14日(火):三井アウトレット@北広島
2月15日(水):雪遊び
2月16日(木):次の職の準備で東京へ
2月17日(金):雪遊び
2月18日(土):弟家族が遊びに来る
2月19日(日):祖父母を訪問
2月20日(月):どさんこワイドの奥様お絵かきですよに参加するために、札幌駅へ(不発)
2月21日(火):弟家族が遊びにくる
2月22日(水):千葉に戻る

となりました。
息子との雪遊びは、全部で7回やったと思います。
久々に、雪と戯れましたが、かなりエネルギーを消費します。
息子は雪焼けでかなり黒くなりました。

来年は、そろそろスキーかな?



comments(0)|trackback(0)|その他|2017-02-23_22:16|page top

帰国して1週間が経ちました

帰国して1週間が経ちました。バタバタしていてあっという間です。
やったことと言えば、以下の通りです。

① 市役所で国民健康保険の手続き、住民票の手続き、保育園入園の手続き
② 保育園で面談
③ 買い物(書籍)
④ 息子とひたすら遊ぶ(公園)
⑤ 就活

とりあえず次の一手をどうしようか考えつつ、4月からの妻の仕事復帰の準備と息子の入園に向けての準備を着々と進めて行っています。

今日は、保育園に行き、園長先生と面談をしてきました。なかなか気さくそうな方です。
息子が入る予定のクラスを見させてもらいました。15名ほどの園児がいました。女子が少し多いようです。先生は4名くらいいました。保育園は初めて訪問しましたが、しっかりした体制で運営されている印象を受けました。つまり、好印象です。

息子が入ると、クラス内で彼が一番体の大きい園児になるようです。パラグアイにいたときは、息子より年下なのに大きいな子が沢山いたし、まあ普通くらいの体躯なんだろうと思っていたのですが、日本では(ここでは)他の園児に比べると確かに背が高く、体もがっしりしているように見えます。
世界標準(南米標準)を予め知っていて良かったです。世界は広いということがわかります。

明日から、2週間ほど北海道に行きますが、その後は千葉に戻り、次の一手の準備を進めて行く予定です。


comments(0)|trackback(0)|その他|2017-02-07_21:03|page top

明日から北海道へ

明日から、北海道に帰省します。
2月8日-22日の14日間です。
帰省中は、1日だけ仕事の関係で東京に行く予定がありますが、それ以外は実家に居る予定です。

滞在中は、以下のアクティビティを考えています。
① 札幌雪まつり
② 近場の温泉
③ 近場の雪山で息子と雪遊び(ソリ)
④ 北広島アウトレット

雪まつりは、久しぶりです。大通りではなく、ソリや滑り台などが充実している「つどーむ」会場に行きたいと思います。
温泉は、できれば行きたいところです。別に有名なところではなくていいので、近場にいくつかあるので、そこら辺を考えています。
実家の近くに公園があり、そこでソリ遊びをやりたいです。そこそこ高い山なので、ある程度スピードが出ます。前回(2016年1月)は、怖がっていたけれど、今回はどんなリアクションをするのか楽しみです。
北広島アウトレットは、実家から20分位で行けるので、買い物をしようと思っています。特に妻が希望。モンベルがあるので、海外用の製品をいくつか見たいと思います。平日に行けば、人が少なくてジックリ見れると思います。(週末の混雑ぶりはひどい)


comments(0)|trackback(0)|その他|2017-02-07_20:42|page top