STATION TO STATION

work, life and myself

プロフィール

TD

Author:TD
国際協力の仕事をしています。

2009年にアムステルダムのRoyal Tropical Instituteで修士号を取り、その後開発コンサルティング会社や政府系援助機関で働いています。

現在、バンコク(タイ)在住

シンプルアーカイブ

カウンター

全記事表示リンク

アルバム

ClustrMaps

ブログ村

ブログ内検索

【映画】The Florida Project

映画を見てきました。

独立系の映画館が、ルンピニー公園の南側にあります。こんなところに映画館が?というところです。映画館は2階にあり、席数は50席しかありません。スクリーンももちろん大きくはないです。前の席に人が座るとちょっと邪魔になります。もう少し傾斜を付けるべきだったんじゃないかと思いますが、部屋の構造上それは難しかったのかもしれません。

Bangkok Screening Room

The Florida Project という映画を見ました。

フロリダの貧困母子家庭の話です。子どもの夏の思い出という感じのハートウォーミングな映画かと思っていましたが、そんな脳天気なものではなく、いろいろと考えさせられる映画です。2008年の発生したサブプライムローン危機に苦しむ貧困層の物語になります。映画タイトルにつく【PROJECT】の意味ですが、これは【低所得者向けの公共住宅】のことです。

どちらかというと、救いようのない話なのですが、主人公の女の子(6-7歳?)の視点で描かれているせいか、暗さはそれほどありません。映像はかなりポップで色鮮やかです。主人公の母子が住んでいるモーテルは紫色ですし。

このモーテルの管理人役が、ウィレム・デフォーなのですが、いい味を出しています。あまり口数は無いけれど、住民のために一生懸命身体を動かして働いています(今年のオスカー助演男優賞の本命だそうです)。

アメリカ映画らしく、途中でいろいろ困難が立ちはだかりますが、なんとか乗り越えようとする母娘。この母娘の関係というのが、貧しい生活で、明日への光明が全くないにもかかわらず、まったく悲壮感がないように映っています。

最後のシーンは、結構唖然とします。

えっ?? これで終わりなの?

基本的に、救いようのないストーリーですが、最後は少しだけ救われます。
関連記事
スポンサーサイト

comments(0)|trackback(0)|書・映画・音楽|2018-02-22_06:40|page top

たまに、ASOK周辺で昼食

職場は、バンコクから少し離れた場所にあります。毎日そこまで通勤しています。ただ、ごくまれにASOKまで行くことがあります。今日は、終日ASOKにいました。

ASOKで仕事をする場合、昼食に困ります。

たくさん、選択肢があるのですが、どれも高い(高く感じる)のです。普段、職場の食堂で35バーツ(約120円)の昼食を食べていますが、それに比べるとはるかに高いです。ショッピングモールのターミナル21にはフードコートがありますが、ここで一皿注文すると60-80バーツくらいかかってしまいます。他にも食べるところはあり、例えば今日はサブウェイでサンドウィッチを食べたのですが、単品で95バーツ(約320円)もするので、購入する前にしばし考え込んでしまいました。ちなみに、セットにすると130バーツくらいになり、400円を超えます。

でも、こちらが躊躇しているのですが、このようなフードコートやファストフードの店は、タイ人で賑わっています。彼らにとっては、お昼に300円~500円出すのは普通の感覚なのでしょう。そんなに給与は高くないと思うのですが。タイ人は、あまり貯蓄をしないといいますし(ラテン人と一緒)、受け取った給与はその月のなかで全て使ってしまうというのが、彼らの一般的なライフスタイルだと思います。

ただ、面白いのは、中華系タイ人というのは一般的なタイ人とは少し違っており、資本の蓄積を大切にするんですね。これは中国人もそうなのかな?資本を貯めて、小さな店をひらき、徐々に拡大させていき、子ども達には良い教育をさせていく。僕の同僚のひとりは、中華系タイ人ですが、親は商売をやっており、彼はお医者さんです。おそらく100年くらい前に潮州あたりからやってきたのでしょう。

サンドイッチを頬張りながら、そんなことを考えていました。
関連記事

comments(0)|trackback(0)|タイ(日記)|2018-02-19_18:53|page top

仕事でマヒドン大学へ

仕事の関係で、マヒドン大学に行ってきました。
王族の名前がついた大学ですので、いわゆる名門校です。とくに、医学部は優秀な人材を多く輩出しています。

キャンパスは大きくわけて2つありまして、僕が行ったところは科学学部(Faculty of Science)のあるパヤタイ・キャンパスです。こちらのキャンパスは、BTSビクトリー・モニュメント駅から西に2キロほどいったところにあり、となりには離宮があります。

チットラダー離宮。

ウィキピディアによると、""チットラダー離宮 は、タイのドゥシット宮殿内にある離宮で、バンコク・ドゥシット区にある。ラーマ9世がチットラダー離宮に起居したことから、王宮はタイ国王の形式的で正式な住居であるのに対し、チットラダー離宮は実質上の住居とオフィスがあり、タイ王室の中枢となっている。""ということです。現在の国王は、タイ国外にいることが多いなんてことを聞いたりしますが、王族関係者はこの離宮に住んでいるのですね。緑が多くて、住環境が良さそうです。当然ですが。

この離宮の隣には、ドゥシット動物園があります。一度は行ってみたい動物園ですが、とにかくバンコクは暑いので行くなら12月か1月でしょう。パラグアイにいる時に、アスンシオン動物園に何度か行きましたが、あそこは木が沢山あって日陰があるので、それほど暑いという印象はありません。ドゥシット動物園はどうでしょうか。

科学学部の教授とお話し、研究室を見せてもらいました。ここの学部は、留学生を数名受け入れており、以前ディナーで会ったメヒコ人留学生はここの修士課程に属しています。

ミャンマー人の留学生が研究をしていました。少し話をしたところ、彼女は博士課程に属しており、あと1年で卒業だそうです。出身校はマグウェイ大学というのではありませんか。

マグウェイというと、2012年に2回出張で行きました。マグウェイ地域(Region)を広範囲に渡って調査したのですが、これはかなりワイルドな出張だったと思います。軍政なので常に当局により監視されていました。県境でパスポートを出せと言われたり、当局がずっと同行してきたりと、こういうのはあまり経験したことがありません。山岳地帯で一泊しましたが、今でもあれが一体どこらへんだったのかわかりません。おそらく、チン州(State)だったと思うのですが、小屋みたいなところに一泊しました。ホテルなんてものはなく、シャワーに入ったかどうか覚えてないし、朝何を食べたのか覚えていませんが、とにかく貴重な経験でした。

今回は、マヒドン大学を訪問しましたが、どこの国でも大学というのは活気があって良いものです。中には、ホンジュラスの自治大学のように行ってみたら教授群のストライキ(給料払え!という中南米では割とよくある。。。)で休校になっていたなんてこともありましたが、基本的には楽しいです。のんびりした雰囲気もいいですね。

また、別の大学に機会があれは訪問したいと思っています。
関連記事

comments(0)|trackback(0)|タイ(日記)|2018-02-16_06:44|page top

家族用の部屋(コンドミニアム)を見に行く

4月から、家族が合流するので部屋探しをスタートさせています。
と言っても、それほど選択肢があるわけではなく、今のコンドミニアムの家族用の部屋か、すぐ近くの別のコンドミニアムの部屋かの2択です。

別のコンドミニアムの部屋を見てきました。オーナーの息子くん(大学生、航空力学?専攻)が案内してくれました。部屋のサイズは、90平米で、ベッドルーム2つ、シャワールーム2つ(浴槽つき)で広さは十分です。築10年程度。

現在、この息子くんが1人で住んでいるので、最低限のもの(掃除用具や食器、ベッドカバー等)は一通り揃っています。ただ、洗濯機がありません。これは致命的です。不動産会社の人も同席していたのですが、その人に聞いたところ交渉の余地はあるとのことでした。

部屋以外では、ジムとプールを見せてもらいました。どちらも、現在のコンドミニアムのものと比べるとちょっと下がるかなと。特にジムはどうかなと思いました。

他に気づいていた点としては、BTSの駅とスーパーから少しだけ遠くなるというのところでしょうか。徒歩10分圏内ではあるけれど、これから暑くなりますので、結構重要なポイントと感じます。

家族とも相談してみます。
関連記事

comments(0)|trackback(0)|タイ(日記)|2018-02-15_06:35|page top