STATION TO STATION

work, life and myself

プロフィール

TD

Author:TD
国際協力の仕事をしています。

2009年にアムステルダムのRoyal Tropical Instituteで修士号を取り、その後開発コンサルティング会社や政府系援助機関で働いています。

現在、バンコク(タイ)在住

シンプルアーカイブ

カウンター

全記事表示リンク

アルバム

ClustrMaps

ブログ村

ブログ内検索

中性脂肪と血圧と筋トレ

筋トレを始めたのは、健康志向(思考)という側面が強いです。身体を大きくしたいとか、腹を減っこませたいとか、スーツが似合うようになりたいとかいうのは、副次的な理由に過ぎません。

いちおう、公衆衛生を学んで、それを実践しているものとして、自身の健康を管理したいと常に思っています。

血圧については、30歳くらいから若干高くなっており、今も高いです。今朝計ったところ138/86でした。降圧剤を処方してもらって、3年半が経ちます。また、中性脂肪については4-5年前くらいから健康診断の検査で正常値よりも高い結果になっています。

いろいろ調べてみると中性脂肪と血圧は相関関係がありそうです。

中性脂肪が高い⇒血圧が高くなる。どういうことかというと、中性脂肪が増えると、血管が硬くなって弾力性が低下し、血圧が上がるということです。

もちろん、中性脂肪が高いことは血圧が高い理由の一つに過ぎないかもしれません。他にもいろいろ要因はあります。遺伝的なものであったり、食生活であったり、仕事(生活)にかかるストレスであったり。

ただ、ここ4年分の健康診断の結果を見る限り、正常値を超えている項目は中性脂肪ということから、この問題が血圧を上げている主要因ではないかという仮説を立てています。中性脂肪が改善されれば、血圧も正常化するのではないかということです。

これまで、有酸素運動が大いにこなしてきましたが、それでも血圧はほとんど改善されませんでした。だったら、次は無酸素運動の出番かということで、無酸素運動の代表として筋トレという選択肢が出てきました。

今月に健康診断を行う予定なので、結果がどうなるか楽しみです。中性脂肪が下がっていなかったら、また別の仮説を立ててみようと思います。

人生はトライ&エラーです。
関連記事
スポンサーサイト

comments(0)|trackback(0)|タイ(日記)|2018-04-26_04:19|page top

抜け道を利用してサパンクワイからアーリーへ

たまに仕事帰りに、チャトチャック公園からアーリーまで歩いています。

大通りであるパホンヨーティン通りを歩くことが多いのですが、なんせこの道は交通量が多いので、煩さと排気ガスの強烈なにおいにやられてしまいます。健康のために歩いているのに、不健康になってしまう通りなのです。

どうしたものかなあと思っていたら、抜け道(裏道)を見つけました。

以前、サパンクワイにあるThe Camping Groundというナイトマーケットに行って、ハンバーガーを食べたのですが、この付近から南下すれば、大通りを通ることなくアーリーまで歩くことができるということがわかりました。

若干、遠回りになるのですが、交通量がぐんと減りますし、とにかく静かです。

バンコクは、街のつくりがかなり特殊ですが、その特殊性を生み出しているのが、カノン(大通り)とソイ(小さな通り)です。

ソイとは。

ムカデの胴体がカノン(大通り)で、ムカデの足がソイ(小さな道り)です。

並行しているソイが交わることはほとんどありません。つまり、一度そのソイに入ると、隣のソイに行くことはかなり困難です。また、ソイを進んでいっても、行き止まりになっていることがあります。

キャプチャ

これは、サパンクワイ周辺の地図です。黒線がカノンで青線がソイです。ソイからソイに行くには、カノンまで戻らないといけません。青線の上のほうをみると、行き止まりになっています。

これが基本的なバンコクの街の構造です。

下図の青い点の通りのように、カノン(この場合はパホンヨーティン通り)を通らずにソイを通り抜けていける道というのはかなり珍しいと思います。なぜこうなったのかは、歴史的な事情なのか、地形的な事情なのかよくわかりませんが、たどっていくと面白いかもしれません。ブラタモリで、ぜひバンコクを取り上げてほしいです。

キャプチャ

黄色の通りがパホンヨーティン通りです。

The Camping Groundから、自宅まで約1.6キロです。この時期はさすがに歩くと暑いですが、時期をずらせばなかなかいい感じのウォーキングになると思います。

この通りを歩いていると、いろいろレストランやカフェがあったりして、アーリーに入ると2つほど和食屋がありました。提灯がたくさん吊るされており、オーナーはよっぽど日本が好きなんでしょうね。アーリーには、純和風?な居酒屋もあるし、日本びいきな人が結構多いのかもしれません。
関連記事

comments(1)|trackback(0)|タイ(日記)|2018-04-25_05:09|page top

スター・マイカとコムチュアがいい感じである

資産運用なんて書くと、ずいぶん資産がありそうなふうに聞こえますが、実際は弱小零細投資家です。『凍死家』と言い換えても良いかもしれないです。

ここ最近は、個別銘柄に関してはまったく売買をしていません。インデックスを愚直に積み上げているだけです。

そろそろソニーの決算が発表になります。

『今年はソニーよりマニー!』と思っていますが、決算前はどうしても期待していまいます。ソニーにはどうしても復活してもらいたいです。

ところで、ソニーの平井会長(前社長)の英語力はかなり高いですね。彼くらい英語の上手い日本人はたくさんいると思いますが、企業のトップ(大企業)でこれだけ円滑に海外の人とコミュニケーションができる人、プレゼンテーションができる人というのはかなり稀ではないでしょうか。ちょっと皮肉っぽいというかニヒルなところが割に好きです。



ここ数ヶ月、いい感じで来ているのは、『スターまあいっかあ』こと、スター・マイカとコムチュアです。

スター・マイカは、保有数が小さいのでインパクトは弱いですが、買値から3.5倍となりました。

コムチュアは、ファイブバガーまでやってきました。株価が購入時から5倍にまで上がると、さすがにインパクトが出てきます。惜しむべくは、もっと購入しときゃよかったということです。こういうのは、後付バイアスですけれど。

いずれ、個別銘柄の保有数を減らしていき、海外ETFに移行する予定ですが、まだ数年はひたすら愚直にストロング・ホールドです。
関連記事

comments(0)|trackback(0)|INVESTMENT|2018-04-24_07:03|page top

家族がきて1週間がたちました

タイに家族が到着しています。

4月13日 家族にとっては2回目の海外引越です。1回目の海外引越は2016年1月のパラグアイ。
直行便があるので、日本-タイの海外引越はだいぶ楽です。

スーツケースは全部で3つと小さなスーツケースが1つ。重量制限が80キロだったのですが、90キロと10キロオーバーにも関わらず、追加料金がかかりませんでした。タイ航空、有り難いです。

バンコクには、15時45分着。予定よりも20分程度遅れました。

スワンナプーム空港で待つこと約50分。家族との対面。直行便とは言っても6時間半のフライトは疲れますね。妻も息子も疲労困憊という表情でした。

AOTリムジンサービスを利用して、我が家へ。ソンクラン期間中で道路はスカスカであり、空港から自宅まで20分程度しかかかりませんでした。

AOTリムジンサービスは仕事でたまに使っています。今回のドライバーの運ちゃんには、重たいものを運んでもらったし、チップをはずもうと考えていたのですが、財布を開くと1000バーツしかなく、何も渡せませんでした。いいおじさんだっただけに、悪い気がします。

ソンクラン中は、こんな感じで過ごしました。

4月13日(ソンクラン):家族到着
4月14日(ソンクラン):朝から、シーロムでソンクランに参加(割とソフトな水掛け祭り)
4月15日(ソンクラン):夕方から、カオサンでソンクランに参加(ハード過ぎて生きた心地がしなかった。。。)
4月16日(ソンクラン):自宅で休養
4月17日~:仕事開始

家族がタイに引っ越すタイミングが、ソンクラン休みでよかったです。引っ越し前後はいつもバタバタするものですが、休みだったおかげで、引っ越しの片付けや買い出しがスムーズに完了しました。

ソンクランの水掛け祭りが思いの外ハードで、僕も含めて家族はぐったりでした。

ソンクランについては、ある意味得難い経験だったので、また別の機会に書いて見ようと思います。来年もギリギリ、ソンクランに参加できそうですが(帰国間際)、参加してみるかと聞かれれば、うーんどうかな?というのが正直なところです。息子は参加したいと思うけれど。。。

関連記事

comments(0)|trackback(0)|タイ(日記)|2018-04-20_11:48|page top